定番のトッピングは紅しょうがときくらげ

とんこつラーメンとして認知度が高い博多ラーメンのトッピングの定番として挙げられるのが紅しょうがです。

紅しょうがは様々な料理で使われています。例えば牛丼などを挙げることができます。そのため、日本人の中で一度も耳にしたことがない人は少ないです。紅しょうがは味が特徴的なので、トッピングすることで全体の味に変化を持たせることができます。そのため、多くの量が食べられない人は半分麺を食べてから紅しょうがをかけて味に変化を持たせて再びとんこつラーメンを楽しむ人も多いです。また、多くの量を食べられる人は替え玉を準備してもらった時に紅しょうがを入れる人がいます。

紅しょうがの他にも定番のトッピングとして挙げられるのがきくらげです。きくらげは中華料理の炒め物などにも使われる食材の一つで、実際に一度は口にしたことがあるという人が多い食材です。コリコリとした食感がきくらげの特徴ですが、きくらげをとんこつラーメンに入れる人は増えています。お店によって異なりますが、紅しょうがは無料で食べられますが、きくらげは注文するケースが多いです。豚骨スープと相性が良いと感じる人も多いので、トッピングの一つとして採用し、食べてみると美味しく感じられると思います。